認定委員会メンバーがベストコスメアワード2016を解説

@cosmeではクチコミの公正化を行い、より信頼できるサイト運営に取り組んでいます。そして、2016年のベストコスメアワードについても、公正な選考にて実施しています。「@cosmeベストコスメアワード2016」の選考にご賛同いただいた美容のプロフェッショナルの方々に「ベストコスメアワード認定委員」として、ランキングを分析、トレンドについて解説いただきました。

『私にとってのこだわりの一品』になれるかどうかが重視された1年

ベストコスメアワード認定委員会 委員長 山田メユミ

ベストコスメアワード認定委員会 委員長
山田メユミ

いつも@cosmeをご利用いただき、誠にありがとうございます。メンバーのみなさまからお寄せ頂いたクチコミ投稿をもとに発表する@cosmeベストコスメアワード、2016年度も個性際立つ魅力的な顔ぶれが並びました。
総合大賞の上位にはメイクアップ製品、なかでもアイシャドウとリップのカラーアイテムが多数ランクイン。豊富なカラーバリエーションから自分だけの色を選択できたり、自由に組み合わせてカスタマイズ感を楽しむことができるアイテムにとくに高い支持が集まりました。クチコミの分析とサイト利用動向から見えた今年ならではのトレンドキーワードも「ティント」「ニュアンスチェンジ」「SNS映え」。楽しくセレクトできて、自由に自己表現でき、さらに所有することで心まで幸福感に満たされる(そして人にもちょっと自慢したくなる)ことが評価のポイントだったようです。
また昨年までと比較して、スキンケアを含めた全体でプチプラ志向が少し落ち着き、中価格帯以上の商品やハイブランドのランクインも目立ちました。様々な軸で『私にとってのこだわりの一品』になれるかどうかが、よりいっそう重視された1年だったように思います。そしてその傾向は、従来のコスメカテゴリー以外の商品、日常生活のなかでビューティを意識して選択されている食品や日用品にまで広がっていると感じております。
今後も@cosmeがみなさまと商品のより良い出会いをお手伝いできますよう、スタッフ一同、公正なサイト運営に全力を尽くして参りますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

委員会メンバーより

美容ジャーナリスト 齋藤薫さん

美容ジャーナリスト
齋藤薫さん

評価がメイクものに集中したのは、なぜなのか?

今年の結果でまず目を引いたのは、メイクものが圧倒的に多いこと。特にリップやアイものに評価が集中した。ちなみに、一般女性誌のベストコスメは、あらかじめ用意されたジャンルごとに投票を行うので、ジャンル同士の戦いは見られない。でもアットコスメのアワードでは、こうしたアイテム自体の評価が見事に浮き上がるのだ。それを見逃さないで。かくして総合賞もベストトレンドもメイクものばかり。残念ながらスキンケアで年間を通じて熱く支持される強力な製品がなかったとことの証だが、逆に色もの、特にリップのサブアイテムでの新形状やアイブロウなど、なかなか明快な進化が見られなかったアイテムのテクノロジーが一気に進んだことにより、一躍注目アイテムに。メイクものの進化は、女の顔を明るくする。そういう意味で、なんだか上がる1年だった。

美容ジャーナリスト 吉田昌佐美さん

美容ジャーナリスト
吉田昌佐美さん

求められているのは楽しく使いこなして結果を出す製品

ブランドの強みやエイジングに対する考え方を反映したエポックな製品が多かった2016年。スキンケアでは「肌を育む」高機能ローションが続々登場し、オイル美容やアイケアがベーシックに定着。ベースメイクでは「ナチュラルを作る」という発想でハイブリッド化が進み、光マットや薄膜透明感などの「質感で魅せる」リップアイテムが充実。今年のランキングを見渡すと、見た目のキレイはもちろん、楽しく使いこなして結果を出す製品を求める傾向が俄然深まった印象。それに応える技術の進化も見逃せない。そして次なる注目は、こうした化粧品が「心」にどんな効果をもたらすかの科学的な解明。幸せにするのは間違いないと思うけど、今後の展開が楽しみ。

美容ジャーナリスト 倉田真由美さん

美容ジャーナリスト
倉田真由美さん

メイクもスキンケアも個性化ビューティの時代に

今年の特徴をキーワードで表すなら「進化系オイル」と「カスタマイズ」になると思った。この数年、シンプルなオイルのよさが見直されていたけれど、今年は、オイル膜を形成するルージュやファンデーションなど、オイルを進化させたバリエーションが豊富に出揃った。肌や唇と一体化するようになじむから、発色と透明感、カバー力と素肌っぽいツヤなどが両立でき、保湿力にもすぐれている点が、多くの人に評価されたのだろう。また、アディクションやエスプリークに代表される、自由に選べ、組み合わせることのできるアイテムが支持された1年でもある。メイクもスキンケアも自分らしさをカスタマイズする個性化ビューティの時代に突入したようだ。

ヘアー&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん

ヘアー&メイクアップアーティスト
千吉良恵子さん

メイクシーンを表すキーワードは “品格”と“華やかさ”

ランクインしたコスメを見ても一目瞭然で、上品で麗しい唇とジュエリー感のある華やかな目元を演出する秀逸アイテムが揃った。今年は、長いナチュラルメイク全盛からメイク度がグッと増し、リップスティックが表舞台に。どのパーツより品格を表す唇をリップスティックで美しく染め、目元はベーシックカラーをおさえつつ、質感や輝きをプラスすることで今年風のバランスをとる。そんな時代の顔が見えてくるようなランキングに、あらゆる情報源から吟味してひとつの製品を選びとるアットコスメユーザーの美意識の高さを感じた。メイクトレンドに加え、YSLのような刻印できる嬉しいサービスも増え、リップスティックはますます特別な存在に。ぜひ、優秀リップが揃う今こそ、自分を高めてくれる1本との出会いを!

美容ジャーナリスト 加藤智一さん

美容ジャーナリスト
加藤智一さん

見た目印象に“盛り感”を与えるメイクアイテムが人気

メイクアップが好調な傾向を受けて、総合10位中、9アイテムをメイクアイテムが独占した2016年。新人賞やベストトレンドを含めて、アワードを獲得した製品は、いずれも輝きやつや、ボリュームといった質感をコントロールすることで、見た目印象に“盛り感”を与えるものが中心。写真加工アプリを使わずとも、理想とする仕上がりへと整えてくれるメイクアイテムに人気が集中しました。
一方、スキンケアで注目したいのは、“目もとケア”。ランクインした製品はいずれも高価格帯が多かったのがポイント。目もとのようなエイジングが現われやすいパーツに関しては、しっかりと美肌投資をする、という意識が現れていました。

医師(内科・皮膚科) 友利新さん

医師(内科・皮膚科)
友利新さん

ブランドの枠を超えて自分に合ったものを賢くセレクト

今年のベストコスメは圧倒的にメイクものが多くランクインしていました。昨年から続いているツヤ系のリップはプチプラブランドからも多くランクインしており、もはや定番化となりつつあります。リップだけでなく久しぶりにアイシャドウの復活や眉メイクに特化したアイテム、フェイスパウダーなど、よりメイクを楽しめるアイテムが数多く並んだのが印象的でした。スキンケアも引き続きプチプラ系もランクインしていますが、いわゆる「高級ライン」も続々とランクインしており、ブランドや価格の枠を超えてより自分に合ったものを賢くセレクトしている傾向がうかがえるのは、クチコミサイトならではだと感じます。

美容コーディネーター 弓気田みずほさん

美容コーディネーター
弓気田みずほさん

SNSに映えるコスメや自分好みに使えるアイテムが多数ランクイン

メイクアイテムは、ブラックコスメやクラウニングなど、SNS発のトレンドが多く見られました。色やパッケージなど製品そのものがSNS映えするもの、ツヤや血色感でつけた人をSNS映えさせるもの、両方の流れを感じます。一方でスキンケアでは、ロングセラー製品のリニューアルや進化版が支持されており、鉄板人気のものを選ぶ傾向が続いているようです。なかでも美容オイルなどマルチユースアイテムがランクインしているのは、安心して選べるものを自分なりに工夫して使う、アットコスメメンバーらしい傾向ですね。

BEST IN CATEGORY
アイテム賞
全58カテゴリ

リップ・チーク・ネイル

ビューティグッズ

サプリメント

ドリンク・フード

プレミアム会員限定 ベストコスメアワードを完全チェック!

ベストコスメアワード第4位~第10位までは@cosmeプレミアム会員限定でお届けします。プレミアム会員に登録して人気のアイテムを全てチェックしてみて。

プレミアム会員に登録する (今なら30日間無料)

@cosmeプレミアム会員について詳しくみる

@cosme global

「ベストコスメアワード2016」を4ヵ国語で発表しています

アイテムTOP

アンケートにご協力ください

本企画はお楽しみいただけましたか?
みなさんのご意見・ご感想をお待ちしています。

アンケートへ