フローラル系 の画像

フローラル系(5,117件)

「フローラル系」に関する投稿や記事などの情報をまとめたページです。

1,392件

「フローラル系」クチコミ

ミー ロー オードトワレ / ランバン by motokimamaさん の画像

ランバン / ミー ロー オードトワレ

motokimamaさん

認証済み

5→7 評価上げます。 今や私の香りと言えばミーローです。 優しく甘く香るローズ。半端ない透明感。ミーローが香る空間が美しいです。 ナラカミーチェのように主役級のブラウスを着た日は構えずサラッと軽めのこちらをまとい、 セレモニーの控えめなスーツやワンピースの時はこちらで差をつける。 女性らしいVネックのカシミアセーターなんてはまりすぎ。(笑) あえて外してリネンブラウスにデニムも女性らしさ忘れず。 本当にこの香りはいろんな時に自然体で使えるのです。 私はお手紙をしたためる時にクラフトパンチで型どったお花にミーローを含ませ忍ばせます。 お手紙を開けた瞬間に透明感あふれる優しいローズが香ります。 忘れてほしくない人には印象にのこる演出を。 ミーローと同じくエルメスの屋根の上の庭も女性的な甘い清潔感ある香りがします。(若干エルメスの方が甘いです) 屋根の上の庭がお好きな方ならミーローの上品な甘さも気に入るのではないでしょうか。 こんなに気に入って購入して毎日つけてるのに評価上げるの忘れておりました。 ・・・・・・・・・・ 評価つけます。 無臭の状態でつけました。(以前は柔軟剤か洗濯後にも残っていた別の香水の残り香で嗅ぎ分けれず。) トップはポール・スミスのローズにそっくりです。 青い茎、つぼみからほころんできたバラの花びらの香り。 優しいすがすがしい香りです。 ポール・スミスより若干ソープのような感じを受けました。 パウダリーさはありません。 ミドルはローズがうっすら後ろで香りつつ石鹸のような清らかな香りになります。 柔らかな透明感半端ないクリアーな香り。 ほんのり甘い程度の甘さ。 知的な大人の女性につけてほしい香り。凛とした人につけてほしい。 とても素敵な香りです。 でもクリアーな香りだけに透明すぎて他の香りに負けてしまう。 ナイルの庭に似ている。そしてプチサンボンの透明感と儚い感じにも。 今日は手首にワンプッシュを耳たぶにもつけて香りが認識できるようにしましたが、やはり薄いというかインパクトにかけてしまう。 クンクンしないと「うんうん、つけてる。香ってる」ってわかりません。 もっとバシャバシャつけないといけないのかもしれません。 自分でもわからないくらいだから、抱きしめられないとパートナーにはわからないかも、です。笑 強気な攻めの香りではなく、自分が『自分らしくいるための香り』。 香水に負けないようにおしゃれして、という気合いなんていらない。 もちろん外出時につけてもいいんですが、普段おうちにいる時にも纏っていたい香り。心地よく素直な自分そのままでいれるそんな香りです。 アニックのプチシェリーも普段から纏いたい素直になれる香りなんですが、あちらはロマンティックで甘い乙女な気分になりたいとき。 こちらは大人の女性として素直になれる香りです。 オンオフ問わず自分によりそってくれる特別な香りになりそうです。 3時間たつともうつけた部分を嗅がないとわからないくらいになります。 ******** 香水毎日つけてるので鼻がバカになってきたのか。 香りがあまりしない。 というか、洗濯物の香りに負けてしまったのか、洗濯したお洋服に前の香水の香りがついているのか、 とにかくトップしか認識できず。。。 えーーーーー!(@_@)そんな訳ないですよね。 皆さん、いい香りと言われてるので私も浸りたい。(T-T) リベンジします。

5件

「フローラル系」ブログ

【香りに対する思い&好みの香り】香りが思い出になるとき の画像

【香りに対する思い&好みの香り】香りが思い出になるとき

chocola000さん

おはようございます★ショコラです★ 記事をご覧くださる方、Likeやコメントをくださる方、いつもありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。 春が待ち遠しい今日この頃。ふんわりと花の香りが漂うような季節ももうすぐ。 今回も引き続き、「香り」についてご紹介します。前編はでしたが、後編は【香りに対する思い&好みの香り】について思いのまま綴っていきます。 香りには、ただそのときの空間に居合わせたときに感じる「快」か「不快」かといった感情を起こさせるだけでなく、何か不思議な力が宿っていると思っています。 もし、自身が体験した出来事と香りに繋がりがあったとしたら。 とても素敵だとは思いませんか。 私がまだ学生だった頃、街を歩いていたときにとある女性とすれ違ったときの話です。 その女性は、20代後半から30代前半ぐらい。 背筋がピンと伸びていて、遠くを見据えたようにして、まるでモデルがランウェイを歩くかのように颯爽と歩いてきました。 小顔を強調するショートボブ、スキニーデニムに鎖骨が綺麗に見えるニット、ロックテイストで細部のディティールが凝ったブラックのショートブーツ、色を抑えたパープルの小型のチェーンバッグを肩にかけていました。チェーンバッグのブランドは特定できませんでしたが、個性的なデザインと缶バッジ使いにセンスが光っておりとても印象的でした。 ロックテイストが入っているのに、女性らしくて品のある印象でした。 目には意思の強さ、ファッションや雰囲気、たたずまいにはその人らしさ、アイデンティティーのようなものが滲み出ていて。 カッコ良さのなかにも女性らしさが際立っており、身綺麗を通り越してとてもオシャレで、自身の考え方や生き方を確立していそうな方という印象を受けました。 一瞬目が会った瞬間にはぐぐっと惹きつけられて、今でもそのときのことを覚えています。 「語らずとも雰囲気がモノをいう」という言葉の意味が何となくわかった気がします。 鮮明に覚えているもうひとつの理由。 女性そのもののオーラも然りですが、すれ違うときにふわりと漂ってきた香り。 香りが女性のイメージと見事にマッチしていました。きっと香水だったんだと思います。 今でも似たような系統の香りに触れると、ふとその女性のことを思い出す瞬間があります。 同じように、特定の時期に好きだった香水に触れると、「あのときはこんなことがあって楽しかった」とか「これに夢中だった」というような、その時期のワンシーンが頭に浮かんできます。 「香りが特定の対象や過去の経験と繋がっている」 そう思ったのは、これらの出来事がきっかけだったのかもしれません。 実際に、香りの性質を活かしてビジネスに導入している企業も数多く存在するそう。 アパレルブランドのSHIPSは、店内にオリジナルのアロマを漂わせることによって、店舗空間を独自の空間として創造しているそうです。店に入ると香りがすると思って調べてみたらやはりそうでした。(SHIPSオリジナルアロマは3種類。気になられた方はこちらより→) 他にもセレクトショップやホテル等でもとても素敵な香りが漂う場所があるかと思います。 「香りの力ってすごい!」と思いませんか。 私は、ライフイベントに合わせて香水を購入することが多いのですが、購入した後にはだいたい嬉しいことが起こっています。香水がそのときの自身の思いに応えてくれているような気がして、今ではすっかりお守りのような存在にもなっています★ 自身のアイコンのように、決まった香りを愛用し続けるのも素敵ですが、年月が経過したことで好みが変わったり、季節やファッションによっても選択する香りが変わることもあるかと思います。そのときは、自身の判断軸でしっかりと「自分」を表す香りを選んでいきたいと思っています。 香水をお好きな方でも理由は、人それぞれに異なりますよね。私の場合は、「心身ともに癒されることに加えて、あらゆることへの自信と勇気をくれる。気分を上げてくれる。」「ドラマチックな気分になる余裕や想像力を与えてくれる。香りに触れたときに自身の記憶と重ね合わせることができる。」から香水が好きなのではないかと思っています。 最後に、個人的に好きな香りを一部ピックアップ。 Dior Jadole   ディオール ジャドール    私のなかでのイメージは「黄金色の香り」    イランイラン、オレンジフラワーがメインになっていて    優しさのなかにも重厚感が漂っているような素敵な香りです。 Dior Miss Dior   ディオール ミスディオール   ローズ、ピオニーのフローラル系の香りにはじけるような爽やかさもプラスされた    香り。やや軽やかなのですが、香りが長く続く気がします。    女性らしい香りに気分も上がります。 前編と後編に分けて香りについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 香りには、何かを惹きつけるような不思議な魅力と、使う人の思いに応えてくれるような力があるのかなと思います。 私の場合、好きな香りや気になる香りは色々ありますが、香水は消耗が遅いので基本的に少数精鋭で回っています。(+避けては通れないお財布事情も) またお気に入りの香りが増えましたら、ご紹介させて頂きますね★ ★ショコラ★ 参考:『アロマのある空間(日経BPコンサルティング)』