@cosme

香水(メンズ) の画像

香水(メンズ)(6,432件)

「香水(メンズ)」に関する投稿や記事などの情報をまとめたページです。

657件

「香水(メンズ)」クチコミ

トリオンフ / RANCE by doggyhonzawaさん の画像

RANCE / トリオンフ

doggyhonzawaさん

認証済み

ランセのトリオンフは、フランス帝国の皇帝となったナポレオン一世、ナポレオン・ボナパルトに捧げられた歴史の重みを感じるメンズのオードパルファムだ。オリジナルの処方は、1806年、ナポレオンに仕えていたパフューマ―であったフランソワ・ランセが、皇帝たる彼にふさわしい香りとして作ったという。 ランセは、1795年に南仏グラースで皮手袋製造業をしていたフランソワ・ランセによって始められた香水ハウス。皇帝ナポレオンに献上したル・ヴァンカー(征服者)や、その妻のために創ったジョセフィーヌという香水で皇帝からの信頼を確実にし、大きな名声を得た。 トリオンフは「勝利」の意。ランセから出ているシリーズの中で、コレクション・インペリアルに位置づけられる作品。現在流通している物は、2009年にジョバンニ・ランセによってリリースされ、さらに2015年にリフォーミュラされたものだ。 ナポレオンの頭上に載せられた月桂樹の冠のシンボルとイニシャルを刻印した細長い尖塔型のボトルは、オベリスク(記念碑)をシンボル化したものとされる。そんなトリオンフは、皇帝の故郷であるコルシカ島の柑橘やハーブ、フローラルを用いたライトなフレグランスだ。香りの変化を詳しく見ていくと。 トリオンフのトップノートは、苦みの強いシトラスから始まる。スパイスの苦みが一瞬吹き荒れ、その下からベルガモットが香っているようだ。スパイスはカルダモンのような温かい感じの苦みで、すぐにナッツ系のファッティーな雰囲気と、オレンジ系の香りが出てくる。そこまで1~2分。 その後、オレンジフラワーのようなふくよかな香りに、ほんのり辛みの効いたスパイスが絡んでくる。これがミドルのようだ。初めてつけたときには、カレー粉の匂いを思わせるクミンが強く香るように思ったが、カルダモンやわずかなシナモンのミックスのようだ。この柔らかなスパイスノートがミドルの香りのメインとなって流れてくる。 とはいえ、最初の苦みからは一転、香り立ちはとても透明感があり、スパイスの主張もとてもまろやか。オレンジもあっさりと消えていく感じで、かなり薄めのオーデコロンな感じ。あまりの儚さに、これってオードパルファム?と何度も付けた場所を嗅いでは確認してしまう。 やがてホットでマイルドなスパイシー香と、うっすらとしたウッディが残るラストになる。ウッディの香りは判別しにくく、温かみのある土っぽい香りといった風情。クレジットから見てベチバーがわずかに香っているような感じかと思う。そして、曖昧な香りのまま、1時間もたずにフェードアウト。何度つけてもそう。劣化はなし。とてもあっさりと消えていく。これでは完全にオーデコロンの賦香率。 50mlで約13000円のオードパルファム。歴史と名声のある高級ハウスだけにこの値段かと思うが、ことこの作品に関しては、1時間で消えることと、あまりにも香り立ちが弱すぎる点と香料の変化や特徴が乏しいことから、自分にとっては対費用効果が適正とは思えない。穏やかでいい香りだけにちょっと残念。 それでも、ナポレオン・ボナパルトの故郷の香りをイメージしたという片鱗は感じられる。それは、彼の出身地であるイタリアのコルシカ島に自生する黄色い花、イモーテルの香りがキーワードだ。イモーテルはちょっとカレー粉のようなツンとした刺激をもつ香り。クレジットにはイモーテルもしクミンも乗ってはいないけれど、温かみのあるハーブやスパイスが効いた大人な香りに仕上がっている。細身のスーツを着こなす背筋のピンとした男に似合うタイプの香りだ。同様に、甘さを抑えたい女性達にも。 地中海を船で行くと、コルシカ島の最南端、石灰岩の断崖絶壁が眼前に迫ってくる。イタリア統治時代に創られた旧市街の城塞が、地中海の太陽に照らされるさまは圧巻だ。そのそびえたつ崖上を縁取るかのように緑の灌木地帯が広がっている。それはこの島独自の「マキ」と呼ばれる天然ハーブの自生地帯だ。港に上陸すると、イモーテルのツンとした香り、ハーブのグリーンな香り、そしてレモンやオレンジの香り、そんなマキのワイルドな香りがどこからともなく漂ってくるという。 この地で生まれたフランス帝国の皇帝、ナポレオン・ボナパルト。彼はコルシカ島を出て以来、破竹の勢いで各地を制覇し続けた。今も島の至るところに、彼の偉業を伝える記念碑や彫像が見られる。それは、この島出身の最大の英雄が、あらゆる戦いで勝ち取った「勝利」という名のオベリスク。

1,073件

「香水(メンズ)」ブログ

新作フレグランス の画像

新作フレグランス

RyanRyanさん

2月は逃げるとか言うように もうすぐ3月 3月には阪急のコスメ売り場がかなり 改装されてフレグランス売り場が 拡張されるしシスレーとかの エステティックを受けられる売り場も できるしルラボの店舗も入るとか かなり楽しみです そんな中でも新作香水の情報をゲットして 楽しみにしてるのは ディプティックの新作ふたつ テンポというベチバーとか使った香り フルールドポーとかいうaldehydeの ソーピーな香り どちらもEDPです あとはアトリエコロンの クレメントカリフォルニア こちらは海外ではすでに発売されてる 香りです。 発売時から気にはなっていたので 楽しみですができたらムスクの香りも 発売希望。 そしてシャネルからはココマドインテンス マダガスカルバニラを使った香り マダガスカルバニラは気になる ゲランからはアクアアレゴリア パシフローラ ロシアのキスとかいう香り ルガリオンからも新作が出てますが こちらは日本では発売ないみたいです 寂しいな 新作香水はどれか欲しいなとは 思うけど何せ転職活動中の身 自分を鼓舞するための素敵な香りが 見つかればいいなとは思います 一番気になるのはルラボ イランイランやジャスミンの香り 他にも気になる香りが一杯 でもミラーハリスのジャスミンも 欲しいし。 悩んでる時間が一番楽しかったりする