香水(メンズ) の画像

香水(メンズ)(5,545件)

「香水(メンズ)」に関する投稿や記事などの情報をまとめたページです。

833件

「香水(メンズ)」ブログ

セルヴォーク ~斬新、且つ洗練~ の画像

セルヴォーク ~斬新、且つ洗練~

AtIiさん

東京は既に桜が開花、各地に春の便りが届く今日この頃ですが、皆様お元気でいらっしゃい ますか? 桜大好きなのに、所用に追われ東京の桜開花のニュースをすっかり聞き逃していた。。。 という。。。(苦笑) そんな折、こちらでも話題のセルヴォークの商品をいくつか購入してきました。 3月8日から伊勢丹新宿店で先行発売され、DMが届いたときから気になっていたものの 会期中に行くことができなかったため半ば諦めていたのですが、先日他店で運良く 入手することができました! ヴォランタリー アイパレット #02(限定) 左上: パールゴールド      右上: 落ち着いたパープル 左下: パープル含みのピンク   右下: 透明感あるブラック まず、パールゴールドをアイホール全体に入れます。 わずかにオレンジ/ブラウンっぽさも見え隠れするカラーなので、イエローゴールドのような 華やかさはありませんが、目元に馴染みつつ陰影が出ます。 パープルピンクを目尻より二重幅よリ少し広めに入れます。 ピンクより落ち着きがあるので、明るさが出て大人っぽい仕上がりに。 落ち着いたパープルを目尻よりの目の際に入れます。 目元が引き締まります(ナチュラルに仕上げたいときはアイラインなしでもOK)。 最後に、(お好みで)ブラックをポンポンと重ねます。 色味が落ち着いて深みが出るので、明るく仕上げたいときは使いません。 アルマーニ スムース シルク アイペンシル 05 パープルでアイラインをひき、 上睫毛はブラック、下睫毛はバーガンディのマスカラで仕上げると統一感が出るので お気に入りです。 パールゴールド以外はマットよりな質感。 ブラックのみクリームタイプなので指にとり、加減しながらポンポンとおさえるように 重ねづけします(アイシャドウとしてだけでなく、リップの上からも使用可能なところが 面白いですね)。 パッと見、斬新な色合わせに感じますが、肌馴染みがとても良く使いやすいパレットだと 思います。 左下パープルピンクと右上落ち着いたパープルの入れ方と量で、オンからオフまで幅広く 使えます。 二重幅広めに入れるとより妖艶さが増す感じ(右上パープルを濃いめに入れるとぐっと 夜のシーンに似合うような仕上がりに)。 ブラックを重ねると深みを増しますが、適度な抜け感があるので、明るいカラーの上に 重ねると深みを増すというより色味が落ち着きます(ですので、ビビッドさや光沢が 苦手な方にとってはより使いやすい色味に変化させることができます)。 ローズヒップ、クランベリー、アルガニア スピノサ核油(いずれも保湿成分)配合と 説明書にあるとおり、しっとりとした粉質。 ブラックはクリームタイプですが、さらりとした質感で、伸ばすとさらにさらさらに 変化します。 (仕様は全く違いますが、手に取った感触は、ディオール サンククルール デザイナーの 右下のアイライナーに少し近いかも。) ちなみに2月阪急うめだ店で先行発売され超人気で完売した#01のコーラルピンクの アイパレットは4月発売されるそうです。 #01、#02共にアイパレットとして限定発売されましたが、アイシャドウ自体は単品で 購入可能(1つ2,160円なのでパレット6,696円はお得ですね)。 というわけで、#01のコーラルピンクのアイパレットの色味も確認し、手持ちアイシャドウと 被らない色を単品で購入しました。 (両方のパレットに#00が入っているため、よほど#00を使う予定がない限り2つパレットは 必要ないと思ったわけです。) ヴォランタリー アイズ #15 レッドブラウン ピンクっぽさも感じるブラウンで温か味があります。 同じレッドブラウンでもバーガンディーっぽい色合いではないので、女性らしく、 且つあまり季節感なく使えるカラーかと思います。 #16 コーラル含みのピンク 実際に肌の上にのせるとよりコーラルっぽい色味が出てきます。 パステル調のピンクとは違った色合いなので、より大人っぽい印象になります。 目元の温かみを活かすべく、アイライナーもマスカラもブラウン、眉はアルマーニ ブロウ ディファイニング ペンシル #2で描いた後、眉頭にアイ&ブロー マエストロ #7 オリーブグリーンを入れ、#14 HENNA レッドを全体に軽く入れると 眉にも赤味がプラスされ目元との統一感が出ます。 共にパール入りなので目元に立体感を与え、華やかさのある女性らしい目元になります。 よくありがちなピンクとは違う色味なので、肌に自然に溶け込み、腫れぼったくなりにくい です。 ヴォランタリー アイパレット #01の中に入ってる#17(ペールピンク)は手持ちに 似た色味があったので購入しませんでした。 温か味のあるややコーラルよりのペールピンクを代用すれば、アイパレット #01と ほぼ同じアイメイクが完成します。 (#17の方がやや発色強めですが、手持ちの似た色だとCHICCA ミスティック パウダーアイシャドウ EX34の右側ピーチオレンジや、ADDICTION ザ・アイシャドウ 117 My Darlingに近いです。) アイパレット#01はSunrise、#02はSunsetと名づけられ昼と夜のイメージのようですが、 #01はウォームカラーの展開なので華やかな印象があり、#02の左下パープルピンクと 右上パープルを加減すれば#02の方が普段使いしやすいかも、というのが個人的印象です。 アイシャドウは、自然界の美しい陰影と色彩からインスピレーションを受けたという 以下の24色展開。 (一部光っていてうまく写っておらずすみません。) 00 ブラック~05 ホワイト : 新月から満月にかけて魅せる月の神秘的な表情 06 ブラウン~11 ゴールドベージュ: 砂漠が光や影によって魅せるアンニュイな表情 12 パープル~17 ピンク: サンライズからサンセットにかけて魅せる太陽の魅惑的な表情 18 グリーン~23 ブルー: 生命を感じる緑豊かな島とそれを囲む海が魅せる清麗な表情 天然由来成分に拘りつつ洗練されたモードを追及したというだけに、なかなか斬新な色揃えと なっています。 個人的によく使うグレー系のラインナップ(#01~05)が充実しているので今後又 じっくり見に行って試してみたいと思いました。 中でも#04のパープルがかったペールグレーは光沢感も色合いも絶妙でとても 気になりました。 他に気になったアイテムの感想も以下書いておきます。 インディケイト アイブロウペンシル 繰り出し式の非常に細いペンシルで描きやすく、スクリューブラシも内臓されています。 #02が温か味のあるブラウン。 インディケイト アイブロウパウダー 公認メンバー様も絶賛されていたアイテム。 #02は温か味のあるブラウンで、より優しげな印象になります。 カムフィー ブラッシュ #01は使いやすいピンク、#02は明るさのあるオレンジ、#03はシェーディングにも使えるベージュで、それぞれ右側にハイライトカラーが付いています。 他ブランドから発売されているチークは個人的に濃すぎて使えないものが多いのですが、 私でも使える淡い色合いでした。 ディグニファイド リップス 厳選された4色展開ですが、使い勝手の良い色合いが揃っています。 #04が一番人気とのことで、#01のレッドも見た目濃いのに実際つけると唇を華やかな 色合いにしてくれるカラーで素敵でした。 透明感のある発色で、質感は硬めですが唇にぴたっと付き、密着度が高い印象(保湿成分は 入っていますが、これ単体だと少し乾燥するかも)。 ************ 3月15日から28日まで伊勢丹新宿店で開催の『British Week』に合わせて、 メンズ館1階で限定発売されているイギリス発ラグジュアリーフレグランスブランド イルミナム・ロンドンも試香してきたので、気になった香りについて感想を少し 記しておきます。 「コアライン」 タイフローズ EDP: 爽やかさと甘さが同居する纏いやすいローズ。 ホワイト ガーデニア ペタルス EDP: ガーデニアの他にイランイラン、ジャスミン等も 入った女性らしい香り。 キャサリン妃がウェディングで纏った香りとのことで、とても素敵で一番惹かれました。 トライバル ブラックティー EDP: お茶にウッディーが重なり、スパイシーな要素も。 世界で活躍するシェフとコラボレートした「95%ライン」も3種あったのですが、 面白みはあるもののやや個性的な印象でした。 【画像は一部HPより拝借しました。】