@cosme

洗顔料 の画像

洗顔料(77,555件)

「洗顔料」に関する投稿や記事などの情報をまとめたページです。

2,225件

「洗顔料」ブログ

落とすケアのこだわりが美肌に効果的! の画像

落とすケアのこだわりが美肌に効果的!

肌能力回復フェイシャルスタイリストサロン高崎店

【プロこそ落とすものにこだわる】…らしいです。 洗顔は洗い流してしまうから… 塗るものにはこだわりがあるのが… と洗顔を適当にしていませんか? 洗顔の選び方やしかたによって汚れの落ち方に差がでます。 かつての私もそうでしたが、汚れがしっかりと落ちていないお肌にどんな高価な化粧品を塗ったところで果たして100%の効果がえられるのでしょうか? 答えは″NO″です! そう考えると、洗顔でいかに汚れをしっかりと落とすかが重要になってきます。 今回はしっかりと汚れを落とすための洗顔方法をご紹介します。 【おすすめの洗顔方法】 1. 朝晩2回洗顔をしましょう「朝は忙しいから…」「乾燥肌で洗顔すると乾燥するから…」「夜は疲れてすぐ寝てしまう」など、様々な理由から洗顔が1日1回の方がいらっしゃると思いますが、皮脂は日々分泌しています。寝ている間でさえ分泌されています。その皮脂を落とさず放置してしまうことで皮脂が酸化しトラブルの原因になってしまいますので基本的には1日2回しっかりと洗顔しましょう。 2.洗顔料を使用しましょう忙しい朝、水で洗うだけの方も多いかと思います。ただ、皮脂は洗顔料でしか落とせません。油まみれのお皿をお湯だけでは洗い流せないのと一緒です。しっかりと洗顔料を使用して洗顔しましょう。 3.こすらない肌表面の厚さはティッシュほどの厚さしかありません。 そんな薄くデリケートな部分をゴシゴシとこすってしまうことでたちまち肌を痛めてしまいます。 なるべく泡を沢山泡立てて泡で洗うようにしましょう! 4.すすぎは水またはぬるま湯でお風呂で洗顔をしたり、寒い季節になるとついお湯で顔を洗ってしまいますよね。 お湯は必要な油分まで洗い流してしまったり、肌の水分蒸発を早めてしまったりと乾燥させてしまう原因になりますので、水または30度程のぬるま湯でやさしくすすぎましょう。 5.すすぎ残しに注意しましょう 泡のすすぎ残しはニキビや乾燥などの肌荒れに大きく影響しますので鏡などで髪の毛の生え際などをよく確認してすすぎ残しのないようにしましょう。 6.きめ細かい固い泡を泡立てましょう泡がゆるいと泡の粒子が大きい為毛穴の汚れにしっかりと密着しないので、しっかりと汚れを落とすことができません。生クリームのようなキメ細かい固い泡を泡立てるよう意識してみましょう。 最後に… 人によって肌質が違うように、洗顔方法も肌質や肌状態、部位や季節にによっても変わってきます。より自分に合った洗顔方法を知りたい方は、サロンやクリニックなどで一度肌検査をすることをお勧めします。