Loading

グタール / スソワールウジャメ オードパルファム 口コミ

クチコミ

○hydrangea○さん

○hydrangea○ さん
認証済

4

購入品
  • 現品

シングルノート:ハイビスカス、ターキッシュローズ、アンバー、アンブレット(ムスクシード)

1999年に53歳で癌で亡くなったアニック・グタール自身が
イザベル・ドワイヤンと共に調香した最後のフレグランス<遺作>であり白鳥の歌。

「スソワールウジャメ」の構想は、1984年にまで遡ります。

アニックが教会の庭を歩いていたある晴れた日の朝
あらゆる種類のローズの香りを嗅ぎ比べするほどローズに夢中だった彼女は
ふとその庭で嗅いだローズに一瞬で魅了されたのでした。

そして、彼女はこの香りこそが、自分の念願である
パーフェクト・ローズに相応しいと考えたのでした。

15年の時が過ぎ、一代にして偉大なるフレグランス・メゾンを築き上げた彼女が
闘病生活の末に、余命いくばくもないことを知らされ、
死を覚悟した果てに、走馬灯のように浮かんだのが
教会の庭のローズの香りに感動したあの初心の日だったのです。

既に死を覚悟していた彼女が生み出した香りの名は
「スソワールウジャメ」
それは、一瞬でスパークリングして消えてゆく儚きシャンパンのような
ホワイトローズの最後の一滴の香りです。

酸味の効いたワインのようなローズが生み出す華やかさと渋さの対比
さらに可愛らしくて、どこか甘やかされた透き通るようなアンブレットシードが
相反する魅力をキラキラと弾けさせながら
パリ・薔薇・緑・果実・朝露・教会の鐘の音を感じさせます。

どこまでもフレッシュなこのハニーローズは、シトラールとアルデハイドにより
トルコ産ダマスクローズの華やかで甘くピリッと
スパイシーな妖艶な側面を際立たせてゆきます。

クチコミ詳細をもっとみる クチコミ詳細を閉じる

クチコミする

この商品を購入する

同じおすすめ度のクチコミ

グタールの商品

この商品の関連ランキングもCHECK!

この商品を高評価している人のおすすめスソワールウジャメ オードパルファム