Loading

アプリでログイン&ポイントカード新規発行で300ポイント貰える!

ペンハリガン / ロタール オードトワレ 口コミ

クチコミ

7

購入品
  • 現品

素晴らしいの一言につきます。
香水として好きというより、むしろ香りとして好きと言ってもいいかもしれません。
メンズの要素がある香水で☆7をつけることはないだろうと思っていたのですが(ユニセックスでいい香りと思うものは多いものの、個人的嗜好では結局レディスの香水の方が好みなので)、こちらにはノックアウトされました。

まずは公式サイトの紹介文から↓

冒険に満ちた、大胆なユニセックスの香り
19世紀末、海洋貿易の拠点として栄華を極めたロンドンにインスピレーションを得たコレクション、TRADE ROUTES〈トレードルート〉のひとつ。
実存したティー・クリッパー(紅茶を運ぶ帆船)の名を付けられたロタールは、爽やかな刺激とウッドの深み、そして優美でモダンな印象を残す、アロマティックなフレグランス。まず鼻をくすぐるのは、グレープフルーツとジュニパーの爽快なコンビネーションと潮風を思わせるソルティーな香り。やがて、スモーキーな紅茶、グリーンでまろやかなフィグミルク、芳醇なマグノリアの花が大胆にとけあい、ベースノートでは、アンバーグリス、シダー、ウェンジウッドと、贅沢なウッドが広がり、世界中を旅したエレガントな帆船のデッキへと誘います。

【ヘッドノート】レッドベリー、ジュニパーベリー、カルダモン、ベルガモット、グレープフルーツ、フィグの葉
【ハートノート】フィグミルク、ラベンダー、マグノリア、ゼラニウム、紅茶
【ベースノート】バニラ、ムスク、シダーウッド、アンバーグリス、ウェンジ、オークモス

プッシュ直後から間違いなくウッディですが、最初はどこかすっきりとした香り。
私はグレープフルーツは感じませんでしたが、ジュニパー・カルダモンが入っていると聞いて納得。
ジュニパーのフレッシュな爽やかさとカルダモンのスパイシーさを感じます。
間もなく、紅茶+甘さが香り立ちます。
イメージはミルクティですが、“ミルクティの香り”の一言で済むような単調さはいっさいなく、ウッディ・紅茶・花々・バニラ・ムスク-幾重にも重ねられた香りが本当に心地よく絶妙。

甘さはあるもののメンズでももちろんOK。
ただ男性の場合、“紳士なおじさま”もしくは“育ちのいい御曹司”あとは“スリーピーススーツが似合うできる上司”が似合うというイメージ。
19世紀ロンドンというコンセプトにそった香りなんでしょうね。

トレードルートコレクション自体が、19世紀をイメージして2014年(日本発売開始は2015年2月)に作られたシリーズなので、クラシカルなイメージを抱かせつつもあくまで現代で使いやすい香りに仕上がっています。
EDTですが香りのたちもよく、モチも悪くないと思います。

同コレクション「エンプレッサ」「ラヴァンティウム」も買ってしまいましたが(この2つも個人的には大絶賛の香り)、発売当初に限定ででた「エッサウィラ」も試しておけばよかったと今更後悔しています・・・

私にとっては久々にどハマりする香りでしたので、フレグランス好きな方には一度試していただき、そして、賛否両論を含めぜひ感想も聞かせていただきたいです^^

クチコミ詳細をもっとみる クチコミ詳細を閉じる

クチコミする

この商品を購入する

ペンハリガンの商品

この商品の関連ランキングもCHECK!

この商品を高評価している人のおすすめロタール オードトワレ