Loading

セルジュ・ルタンス / アンブル・スルタン 口コミ

クチコミ

doggyhonzawaさん

doggyhonzawa さん
認証済

5

購入品
  • 現品

夜のとばりの中、ベッドに体をすべりこませる。手首に付けたアンブル・スルタンが、濃密な樹脂の香りを漂わせている。

甘く、重く、スモーキーな木の油の香り。それを補うかのようにすっと鼻腔の奥に清涼感を届けるのは、オレガノやベイリーフ(カシアの葉)のハーブ。グリーンと琥珀色のバルサミックな香りのミックスは、不意になまめかしい肉や汗の臭いにさえ感じられる瞬間がある。

複雑で、そして猥雑なインセンス。それは、モロッコのマラケシュ。それは、あまたの店がひしめきあうスーク(市場)の雑踏。

シーツが自分の体温で温まり始める。手首からアンブル・スルタンの琥珀色の狂おしい香りが広がっていく。とろけるような木の蜜の甘さ、時を経て埃っぽくドライになった香木のまろやかさが、瞑想へと誘う。

それは千夜一夜の夢。

砂漠を進むキャラバン。ラクダのシルエット。ブラディ・オレンジに染まるオアシスの夕暮れ。1000のランプの灯りの下、ベリーダンスで腰をくねらせる女性の艶やかなロングドレス。その、蛇のような腕の動き。邪教に身を捧げた王位継承者の黒い欲望。煙るようなミルラの香り。魔神との契約を果たすために張られたサークル。

サンダルウッドの高い香りが、心地よい夢の世界へといざなう。

暗いスクリーン。目の前にナイル・デルタ、アレキサンドリアの港がパンされる。ナポレオン・ボナパルトがエジプト侵攻にやってくる。エジプトのベイ(知事)たちが大騒ぎをしている。フランスに勝つ手はあるのか?最強の軍隊を迎えうつマムルーク(奴隷)の精鋭部隊たちは、手に汗を握る。あまたのスパイスの香りが、カイロの街に広がっている。やがて、そこに火薬と鉄のさびた匂いと木の焦げる匂いが立ちこめる。

金も宝石も女も、ボナパルトの侵攻をくいとめることはできない。しかし、千夜一夜の語り部、ズームルッドの物語をまとめた秘本、この類いまれな奇異な本だけが、彼の心を変え、攻め滅ぼす。かくして、夜の語り部は、砂に呪われた者たちの歴史を語り、書家は一言一句を書き留めてゆく。パピルスの乾いた香り、ランプの油の香り、ベンゾイン(安息香)の甘苦い香りの中で、物語は何夜にもわたって紡がれてゆく。

そんな夢を見た。

モロッコの情景は、たぶん世界遺産のテレビの映像の影響だろう。ボナパルトのエジプト侵攻のシーンは、古田日出男さんの小説「アラビアの夜の種族」に描かれた世界そのままだ。

目覚めの朝、脈絡のない夢の片鱗はそのままに、もの憂い寝返りをうつ。うつぶせた腕の上に額をのせる。このまどろみの時間が、冬は特に恋しい。そして俺は感じる。えも言われぬ美しいスモーキーなヴァニラの甘い香りが、朝の冷たい空気を優しく包んでいることを。

その至福。その温かさ。

濃褐色の抽象的なアンバーの香りは、一晩の夢を経て、クリーム色のヴァニラの香りに変わっていた。その魔術。その秘法。それはあたかも、人々を惹きつけてやまない砂漠の街の、コバルト色の蜃気楼のようで。そして読む者の心をとらえて変えてしまう、世界でただ1冊の稀書に仕掛けられた魔法のように。心がとらわれて離れがたい思いにさせられる。

まだ薄暗い部屋の中、ベッドから体を起こして、カーテンの隙間から差し込む新しい光に目を細める。

昨夜手首に付けた魔法陣から、心をとろけさせるインセンス・ヴァニラの甘苦しい香りが漂っている。

クチコミ詳細をもっとみる クチコミ詳細を閉じる

クチコミする

セルジュ・ルタンスの商品

この商品の関連ランキングもCHECK!

この商品を高評価している人のおすすめ

話題のキーワード
詳細検索 おすすめ度や人気順でも絞込めます
検索履歴履歴クリア

検索履歴はありません

おすすめ度を
しぼって探せる!
おすすめ度5以上で検索!

おすすめ度をしぼって検索するには、プレミアムサービスの登録が必要です。

\ 最大30日間無料で試せる! /

登録して人気商品を探す

プレミアム会員の方はログイン

いつでもどこでも
すぐ探せる!

よく使う商品検索条件を保存するには、プレミアムサービスの登録が必要です。

\ 最大30日間無料で試せる! /

登録して
検索条件を保存する

プレミアム会員の方はログイン

ぴったりの商品が
かんたんに見つかる!

年代や肌質を選んで、あなたにぴったりの商品を検索するには、プレミアムサービスの登録が必要です。

\ 最大30日間無料で試せる! /

登録してあなたに
ぴったりの商品を探す

プレミアム会員の方はログイン