アットコスメ

フィット感 の画像

フィット感(84,472件)

「フィット感」に関する投稿や記事などの情報をまとめたページです。

53件

「フィット感」ブログ

アルマーニ ビューティから記憶に残り続けるエレガンスを の画像

アルマーニ ビューティから記憶に残り続けるエレガンスを

ジョルジオ アルマーニ ビューティ

こんにちは、ジョルジオ アルマーニ ビューティ@cosmeオフィシャル ブログ担当です。 本日ご紹介するのは「リップ マエストロ」。ジョルジオ アルマーニ ビューティの数あるプロダクトの中でも、ブランドアイコンとして不動の人気を誇るリップカラーです。 バックステージで生まれた革新的なリップカラー 「リップ マエストロ」を生み出したのは、ジョルジオ アルマーニの全てのファッションショーのバックステージに携わるインターナショナル メイクアップ アーティストのリンダ・カンテロ。 2012年春のオートクチュールショーのバックステージで、リンダはアルマーニ氏からこんなリクエストを受けます。 「鮮やかでやわらかなベルベットの仕上がりで、今までにないカラーエフェクトとつけ心地のプラムカラーのリップを使いたい」 リンダが着想を得たのは、美しい肌に仕上げるリキッドファンデーション。そのファンデーションと、高濃度のプラムカラーのピグメントをブレンドし、きめ細やかな肌に映える上品さと大胆さを兼ね備えた唇を完成させました。 このできごとをきっかけに、リンダがジョルジオ アルマーニ ビューティ ラボラトリーズと共同で研究し、作り上げたのが「リップ マエストロ」です。それまでマットとツヤで飽和状態だったリップ市場において、革新的なアイテムとして大きなインパクトを与えました。 リップ マエストロ 全21色 各4,200円(税別) ベルベットの輝きでラグジュアリーな唇に ルミナス感、カラー、濃度、快適なつけ心地のすべてを叶える「リップ マエストロ」。特に印象的なのは、やはりラグジュアリーな口元を演出するベルベットな仕上がりです。 テクスチャーは、のびが良く唇にピタッと密着する理想的な質感。唇の動きに合わせて柔軟に変化し、シームレスな色とソフトでなめらかな感触を実現させています。 また、革命的なバックライティングテクノロジーによるルミナスな光とマットな立体感が、ベルベットな輝きをより際立たせています。 美と上品さを兼ね備えた日本人をさらに美しく彩る。ひと塗りで私色になる、シネマティック ビューティ リップ マエストロの生みの親であるリンダは、アジア女性の印象について 「特に肌の美しさは素晴らしい。ほとんどのアジア女性は、極上の肌の持ち主だと思います」 と絶賛。また、日本の女性について聞かれると 「日本の女性の上品な立ち居振る舞いには本当に驚かされます」 と、答えています。ジョルジオ アルマーニ ビューティは、「リップ マエストロ」全21色のうち、日本の女性の美しい肌と上品な振る舞いに花を添える5色の「ヒーローカラー」をセレクト。シンプルながら印象に残る唇を演出する5つのカラーをご紹介します。 400 レッド カーペット アルマーニを代表する、ハッと目の覚めるようなレッドカラー。黒のピグメントを一切使わず、クリアで透明感のあるレッドに仕上げています。 名前の通り、まさにレッドカーペットの上でも映えるような存在感を放ちます。ドレッシーなファッションにはもちろん、Tシャツにジーンズのようなシンプルなスタイルでもラグジュアリーにドレスアップしてくれる優秀カラーです。 405 エッジィ コーラル レッド アジア人の肌の色にマッチする、日本でも人気のカラー。2017年に表参道で行われた「ARMANI BOX」では、限定パッケージでも登場し話題になりました。 血色を良く見せながらも、どこかクールで強い女性を思い起こさせるのは、上品でベルベットな輝きのおかげかも。“コーラルカラー=フレッシュ”という印象を覆すような、アルマーニらしいエッジを効かせたカラーです。 410 レディ ピンク 今年2月に発売された、シャーベットカラーの「リップ マエストロ フリーズ」から1色。「スノーフレイク」と呼ばれるたっぷり配合したホワイトピグメントで、よりマットな質感に仕上がります。 60年代のネオンカラーを使いやすくアレンジしたフェミニンなピンク色ですが、“少女”から“女性”に成長する間の、ちょっと背伸びしたようなピュアな輝きも垣間見えます。マットのフロスト仕上がりが指先に馴染む、「フリーズ」シリーズならではのパッケージにも注目です。 500 ハンサム ヒロイン ベージュ ナチュラル&クールビューティな女性に贈るベージュカラー。今年5月に東京で行われたクルーズコレクションでも使用されました。 パンツスーツやレザーのジャケットなど、マスキュリンなファッションに映える一方で、口元に女性らしい色気をさりげなくまとわせます。また、ヌーディーカラーは、アイメイクを際立たせたいときにも活躍します。 502 アップビート プラム ナイトアウトにも映えるビビットなプラムピンク。ネオンの灯りの下でも魅惑的に、ミステリアスに輝きます。 アルマーニの洗練されたカラーリングで、コケティッシュになりすぎるのを抑えつつ、女性らしい魅力にあふれたセクシーな口元に。その唇からどんな言葉が紡ぎ出されるのか、周囲の視線は釘付けになるに違いありません。 個性あふれるリップ マエストロの5つのカラー。 ”DRESS CODE FOR YOUR LIPS” 服を選ぶかのように、リップも選んで。