アットコスメ

ブラシ の画像

ブラシ(3,337件)

「ブラシ」に関する投稿や記事などの情報をまとめたページです。

このページに含まれる類似ワード

他1件

ブラシ 

  • ブラシ 

  • #ブラシ

閉じる

297件

「ブラシ」ブログ

【髪のうねり・広がり】自宅で出来る簡単ケア の画像

【髪のうねり・広がり】自宅で出来る簡単ケア

haru

こんにちは haru企画担当の中川です。 先週は地域によって30℃を超える日もあり、汗ばむ日がありましたね。 たくさん汗をかくと気になるのが、 髪のうねりや広がり。 毎朝セットをしていても、汗をかいて 夕方には崩れている…… なんてことありませんか? 実はコレ、髪のダメージも一因なんです。 キューティクルが剥がれていたり乱れたりしていると、その部分から水分が逃げていき、パサつきの原因となります。 そしてこの状態の時に汗をかいたり、 梅雨の湿気で髪が余分に水分を含むと膨張し、うねりや広がりになるのです。 うねりや広がりは気になるけど、 「専門的なケアがいるのかな…」 「具体的にどうすれば…」 など、解決策に悩んでいるかたもいらっしゃるのではと思います。 そこで今回、 自宅でできる簡単ケアをご紹介いたします♪ ********************************* ★自宅で出来る!簡単うねりケア★ 1. ドライヤー ドライヤーで乾かすときに、 ついつい「髪を乾かすこと」を意識していませんか? 実は髪を乾かすことも大切ですが、【頭皮を乾かすこと】も大事なのです! 頭皮や髪の根元が濡れたままだと、 雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイの原因にもつながってしまいます。 そのため乾かすときは、 頭皮から乾かすように意識しみてください。 さらに乾かすときにもポイントが! ★ドライヤーをこまめに動かす 風を当てながら髪をごしごしすると、 摩擦で傷みやすくなります。 動かすのはドライヤーだけにいて、一か所に熱が当たらないように心がけましょう。 ★乾いてきたら「冷風」に 頭皮が乾いてきたら冷風に切り替えて、髪を乾かしていきましょう。 冷たい風を当てることによって、キューティクルが引き締まり、うねりなどの髪の変形を予防します。 2. ブラッシング シャンプー前のブラッシングは汚れを落としたり髪の絡まりをとるために必要ですが、 ドライヤーで乾かした後の最後の仕上げに【ブラッシング】をすることもポイントになるんです! ブラッシングをすることによってキューティクルが整い、 ダメージを受けにくくなり髪のツヤもアップします。 ********************************* 皆さま、いかがでしたか? また髪のパサつきやダメージがどうしても気になる時はオイルを使用するのも効果的です。 オイルが髪をコーティングし、 水分が逃げるのを防いでくれます。 ちなみにharuでは髪にもお肌にも使える万能オイルをご用意しています。 もしよろしければ、 ぜひお試しください(*^-^*) ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ちょっとしたことを、ちゃんと。 がんばる女性のココロハレルを求めて。 ■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━