@cosme

フラーレン の画像

フラーレン(3,354件)

「フラーレン」に関する投稿や記事などの情報をまとめたページです。

231件

「フラーレン」ブログ

導入使い切り☆ウチワサボテンオイルにフラーレンinで最強アンチエイジング♪! の画像

導入使い切り☆ウチワサボテンオイルにフラーレンinで最強アンチエイジング♪!

maron0000さん

こんにちは いつもご閲覧、またLIKEやコメントもどうもありがとうございます インフィニティのアドバンストモイスチュアエッセンス、使い切りました☆まだストックが3本ほどあるので このままリピートはするつもりですが、ちょっと寄り道。 最近、ウチワサボテンオイルに、フラーレンを入れて導入代わりにしていますフラーレンはビタミンCの172倍の抗酸化作用があり 自らが活性酸素を吸着して活性酸化を防ぎます 吸着できる活性酸素の種類も多く、 お肌の表面を、掃除機のようにお掃除してくれる。 しかも効果は11時間続くことがわかっているそうです! 何しろ老化の原因の80%が紫外線で いよいよ紫外線から活性酸素が発生しまくりですから 夏の時期にはピッタリかも マンデイムーンさんの、この画像見たらフラーレンを付けずにはいられないです。。。 ウチワサボテンオイルも、もう終わりそうです 春にマンデイムーンさんで買った、オイル5種類お試しセット アルガンオイル(精製と未精製)やホホバオイル、ラズベリーオイル、 プラムオイル(プルーンシードオイル)等あるので 順に試していきたいです 全てオーガニックです プラムオイルは杏仁のようなよい香りがします(*´ω`*)! これを次に開けてみます ラズベリーオイルは朝つけて、日中の紫外線対策に良いそうです プラムオイルは不飽和脂肪酸とビタミンEを含み、抗酸化作用や保湿効果に優れていて、潤い・ハリに効果があるそうです アルガンオイルも、ビタミンEにオレイン酸、リノール酸、パルミチン酸を豊富に含み 分子量が小さく肌馴染みが優れていて お肌の新陳代謝を改善して、シミの排出を促し お肌の透明感アップするそうです また、余分な角質を落とす効果で、キメを整える効果もあるそうです オイルはたくさん種類があって、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸とか 難しいですが、合うのが見つかるといいな~(●´ω`●) と、いうのも 今日、ふと見たら 首よりも顔が明らかに暗くなっていました(´;ω;`)!! ホワイトショットCXSをおサボりするときがあるからなのか、 クレドの美白を切らしたからなのか、、、 美白美容液は朝晩マストですね! 追記★ こはく28様にコメント頂いて、もしかして油焼けや油の酸化で黒ずみ。。?! と思い、調べてみました 酸化しやすいオイル グレープシードオイル、月見草オイル、馬油、ローズヒップオイル、アマニ油 など柑橘系の植物油、動物性油など (動物性でも、スクワランは酸化しにくいそうです) 酸化しにくいオイル ホホバオイル、アルガンオイル、オリーブオイル、椿油、ココナッツオイル など、熱帯の植物には紫外線体制があるそうです さらに、ホホバオイル・ココナッツオイル・アルガンオイル等には 日焼け予防の効果もあるとか、、 朝は、ホホバかアルガンオイルを使うと良さそうです(*´ω`*) 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました